ゴルフでのアクシデント時のマナー

初心者に限らず、ボールを打ったときに意図しない方向に飛んでしまう場合があります。

このようなときは、周りにプレーヤーにぶつからないように「ファー」とキャディーさんが叫ぶ場合がありますが、初心者の方は驚かないようにしましょう。

プレーをスムーズにテンポよく行うこともマナーのひとつですから、プレーヤーは自分が打ったボールだけでなく、ほかの人が打ったボールもどこに飛んでいった良く見ておきましょう。
このようにすることで、ボールを打った人がボールを見失ったとしても、見つかりやすく、スロープレーの防止になります。
ボールを探す時間は3分程度として、どうしてもボールが見つからない場合は、諦めて予備のボールを使うようにします。
グループで回っているので、お互いに協力してスムーズにプレーするようにしましょう。


ボールを打ったときのアクシデントには、隣のコースにボールが飛んでいってしまうケースがあります。
このときに、隣のコースにプレーヤーがいなければ良いですが、そのようなときばかりではなく、ほとんどの場合はプレーヤーがいます。

隣のコースにボールが入ってしまった場合は、プレーをしている状況を確かめてから、「すみません」、「失礼します」などのような言葉をかけてからコースに入りますが、プレーヤーが遠くにいる場合は、相手に伝わるように動作で伝えるようにします。

プレーヤーを無視して、勝手にコースに入るのはマナーが悪いので必ず、プレーヤーの状況を確認して言葉をかけてから入るようにしましょう。
そして、ボールを打ったら、一礼してから速やかにコースから出るようにします。
自分のコースに戻るときも、ゆっくりと歩いて戻るのではなく、駆け足で戻るようにしましょう。
自分が一緒に回っているグループも自分が打つ順番を待っているのです。


コース上には、バンカーや池、林、ラフなどプレーヤーを悩ませるものがありますが、ボールを打つのに時間をかけたり、周りのプレーヤーに迷惑をかけたりする行為はマナーに反しますので注意しましょう。

プチ認知療法