ゴルフの基本となるマナー

ゴルフは、コースに出てプレーしているときだけマナーが大切、というわけではありません。
ゴルフ場に入るときのマナーもあります。

 

多くのゴルフ場では、派手な服装やだらしない服装をマナーが悪い、と捉えられます。ですから、ゴルフ場に行くときは、ジャケットやブレザーを着用し、男性の場合はシャツにスラックス、女性の場合はシャツにスラックスまたはスカートで入るようにしましょう。

 

ゴルフ場によっては、ジャケットやブレザーを着用していなくても入ることができますが、基本は着用がマナーです。
また、履物もサンダルや派手なスニーカーはマナー違反です。

 

というわけで、ゴルフというスポーツは、ゴルフ場に入るところから始まっています。

 

 

ゴルフ場でコースに出る前に、素振りをしているプレーヤーを見かけますが、万が一、クラブが飛んで人に当たって事故になる可能性があるので、周りに人がいないことを確認してから行うようにしましょう。

 

そして、コースに出るときに持っていく、ゴルフバックには必ずネームプレートをつけるようにしましょう。
ゴルフ場には、たくさんのプレーヤーがいますが、バックを運ぶのは、ゴルフ場のスタッフやキャディーなので、自分のバックがわかるようにしておきましょう。
もしも、忘れてしまった場合は、ゴルフ場のフロントに簡易式のものが用意されているので、ゴルフバックには必ずネームプレートをつけるのがマナーです。

 

 

最近は、禁煙の施設が増えています。ゴルフ場の場合も、禁煙としているところもありますが、ゴルフ場では喫煙場所で必ず喫煙するようにします。
また、コース上でタバコを吸うのはマナー違反ですので、やめましょう。

 

喫煙はゴルフ場に限ったマナーではなく、日常の生活の中でも周りの人が不快に感じることはマナーが悪い、捉えられます。

 

ゴルフの紳士や淑女のスポーツと言われますが、マナーやルールを守り、プレーヤー自身や周りのプレーヤーも気持ちよくプレーするのは、ほかのスポーツにも共通することなのです。

 

尚、ゴルフ初心者の方は、高校受験対策にも使える3ステップラーニングも試してみてください。